日本企業を大体?買ってしまうには・・

日本を買っちゃう!?

長い目で見た、東京市場そして、グロー
バル化を進める日本企業の魅力をほんの

さわり?のところだけ、ここまで解説し
てきました。

2017年前半は、それほど大きな、例えば
欧州の債務危機やチャイナショックなど

ような、マーケットに大きな影響をおよ
ぼす出来事は、起きていません。

そして現在、日経平均株価は、20,000円
ほどです。それでも

国内に目をやれば、2%のインフレ目標
達成できないジレンマと、財政規律重

視派による、増税推進による景気低迷の
可能性や、

米国の金利引き上げのスケジュールが進
む中、トランプ政権への不信
とは裏腹の

動きをし、FRBに割高と指摘された先行
き、不透明感をました、米国株式市場

等を要因に、短期的には、東京株式市場
も波乱含みの展開が予想されます。

意外?に順調だった前半戦をそのまま引
き継ぎこのまま年末へとは、想定しにく

い状況にあると個人的には考えます。
下がることを前提に7月以降は、投資

タイミングをはかる時期だと思います。
具体的に何を買うかということですが、

中長期的にも同じになるのですが、
まずは、日本株全体を買ってしまう

という発想で、東証株価指数や日経
平均株価と同じような動きをする、

ETF(上場型投資信託)やインデックス
ファンドを買う、投資してみる。

つまり、グローバル企業になろうと
努力し、今後も成長を続ける日本、

そしてその日本企業を全部買ってしま
うということです。

ETFやインデックスファンドの大きな
特徴は、

・シンプル、わかりやすい
・低コスト
   になります。

関連記事はこちら↓
まだあった、何故今、日本株なのか?
誰が、日本株を買う?長期のお話。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る