日経平均株価の2万円回復は、1年半ぶり。それでも、まだ・・

2万円と言っても、まだピークの半分程度!?

日経平均株価が、20,000円の大台にのせてきています。実
(6/2)に、1年半ぶりになるそうです。欧米の株式市場に
比べ、出遅れ感があっただけに、「やっと」いうか、
「ようやく」といった、安心感が市場には出てきています。

6月に入り、国内外の機関投資家(投信や年金資産といった
運用を専門におこなう、豊富な資金をもつ)の資産配分の見
直しがあり日本株に買いが入ったという市場関係者の話です。

一方で
海外投資家のうち、ヘッジファンドの一部が、日本株を売っ
ていた(下落によって利益を確保)ところ、思うようになら
ず、慌てて買い戻したのではなどの憶測もあり、実際のとこ
ろは、わかりません。

ただ、国内設備投資の回復や企業業績の見通しが堅調なこと
など、マーケットにとってプラス材料もあり、欧米市場に
比べ、業績面からの割安感は、まだあると思います。

英国総選挙や米国利上げ後の不安材料は、確かにありますが
20,000円を大きく割り込むようなことがあれば、積極的対応
したいものです。

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る