資産運用

積立NISAで、お上の意向を忖度(そんたく)!?もちろん、いい意味で。

投稿日:

お上の意向を忖度(そんたく)?

2018年1月から、開始する

『積立NISA』の対象となるのは
①インデックス型の投資信託(ファンド)
②アクテイブ型運用のファンド
③ETF(上場投資信託)

です。さらに、ここから

この3つに共通し、

金融庁の資産運用への思いが感じ
られる、『積立NISA』に選ばれる

投資信託の要件が

コスト意識(信託報酬や販売手数料)と
主たる投資の対象資産に株式を含む

です。その中身からは、金融庁の本気
度合いが伺えます。

そのなかで、アクテイブ型ファンド
(日経平均株価や東証株価指数などを
運用担当者の経験や調査力等で上回る
ことを目指す)

に課せられる要件を知ることで、
「積立NISA」に限らず、

我々が投資信託を選ぶ上でのチェック項目
を確認することができると思います。

■販売手数料がかからないこと
(ノーロードと言います)
■解約手数料、口座管理手数料についても
ゼロであること

■分配頻度が毎月でないこと

■信託期間が無限または、20年以上で
あること

■純資産額が50億円以上あること

■信託設定以降、5年以上経過していること

■信託の計算期間のうち、資産流入超の
回数が2/3以上あること

■主たる投資の対象資産に株式を含むこと

などとなっています。要するに、

『将来のインフレ等のリスクを考え、
長期運用、インフレヘッジに適した

株式ファンドを中心に、資産運用に
多くの国民が参加できる環境を創り

ました。もちろん、資産運用の敵で
ある税金にも、コストにも十分配慮

した制度(積立NISA)となっていま
す。』

ということでしょうか。

ここまで、お上、国(金融庁)が国民
のために考えてくれているものです。

使わないと手はないと思うのですが・・

前回の記事はこちら↓
積立NISAをはじめる上で、おさえて
おきたいポイントは?

 

-資産運用
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.