積立NISAをはじめる前に、おさえておきたいポイントは?

早い段階に、はじめるのが良い

2018年1月から始まる

「積立NISA」では、

金融庁が対象となる、投資信託に対し、
厳しい条件(2017年3月交付)を課し
ています。

どんな投信が選ばれるか、大変興味深い
ところです。積立NISAの対象となるのは

①インデックス型の投資信託
②アクテイブ運用型の投資信託
③ETF(上場投資信託)

ですが、それぞれに厳しい条件が課せら
れており、各運用会社からの、金融庁へ

のファンドの届け出は、10月に開始され
る予定になっています。

積立NISAに限らず、投資信託(ファンド)
選択の指針として、これらの厳しい条件
を知っておくことは、

資産運用するものにとって、とても重要
だと考えます。

特に、注目したいのは、

株価指数などとの連動が、特徴の
インデックス型の投資信託(ファンド)

を上回る運用成果を目指す、アクテイブ運
用型のファンドです。どんな条件が、

課せられ、その条件に見合うファンドが
あるのか?

積立NISAに採用されるファンドの

事前予想とともに、検証していきたいと思
います。次回以降へ。

前回の記事はこちら↓
ETFのことが、たった2分38秒でわかる
優れものの、動画見つけました。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る