ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)がNYダウ採用に。

ニューヨーク・ダウは、6月26日に構成銘柄の入替を実施し、ゼネラル・エレクトリック(GE)を除外しウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)を新たに組み入れました。

ポイントニューヨーク・ダウは、持続的な成長性や投資家の関心度等を考慮に入れて、アメリカを代表する、優良30銘柄を選び、その時代にあった米国企業の成長を指数に取り組むことが、最大の魅力になっています。

銘柄入れ替えの目的は

今回の銘柄入替の狙いは、ニューヨーク・ダウのセクター(業種別)構成の見直しです。NYダウを算出する、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスによると
「アメリカの産業構造の変化を受けて、製造業よりも消費や金融、ヘルスケア、ハイテク企業の重要性が増していることを勘案したもの」と説明しています・

ゼネラル・エレクトリックは、NYダウ創設時から唯一残っていた組入企業。しかし、近年電力部門の落ち込みや金融事業の縮小など業績低迷がしていました。NYダウが連日史上最高値を更新する中、GEだけが独歩安となることも珍しくなくなっていました。

直近の株価でも同じ採用銘柄である企業、例えば、ボーイングとの比較では、23分の1以下、アップルの13分の1程度など、他の銘柄との開きが大きくなっていたため、指数からの除外は時間の問題とみられていました。

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)どんな会社?

2014年に合併して誕生した世界最大クラスのドラッグストアチェーン。子会社を通じ、米国、英国、タイ、チリ、メキシコなど世界各国で薬局事業を展開。一般的なドラッグストアとは異なりヘルスケア事業に資源を集中し、ウォルマートなどの巨大ディスカウント店などとの差別化をはかり、米国市場で急成長しました。処方箋の調合や医薬品のメールオーダーもおこなっています。

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)設立 2014年9月

決算月/業績8月決算
2017年8月期売上高
約1,182億円(約12.8兆円)
時価総額約619億ドル(約6.7兆円)
2018年5月末
株価62.39ドル(5/31)

ニューヨーク・ダウは、たった30の企業の指数

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが算出・公表する主要業種の代表的な30の優良銘柄(企業)で構成される平均株価指数が、  ニューヨーク・ダウです「ダウ工業株30種平均」「ダウ平均」とも日本では言われ、英語名では、Dow Jones Industrial Average。「工業(industrial)」は広い意味で、すべての会社が対象(輸送と公共事業を除く)となります。

1896年から算出されている、
世界的なブランド力をもち、あるいはグローバル
な展開をしている米国優良企業30社で構成された
株価指数です。

たった30銘柄(企業)で構成された
ニューヨークダウの時価総額は、

約6兆ドル(およそ670兆円2017年6月末)にも
なります。

米国株式市場全体の約22%を占めており米国だけで
はなく世界を代表する株価指数として、日々、投資家
の注目を集めています。下記の表は、

その30の企業の、名前、ティッカーシンボル
(日本の証券コードにあたり、アルファベット
 であらわします)業種、ニューヨーク・ダウ採用
年月、上場市場の順になっています。

企業名シンボル業種採用年月市場
1エクソンXOMエネルギー1928.10NYSE
2プロクター・アンド・ギャンブルPG家庭、パーソナル用品1932.5NYSE
3ダウ・デュポンDWDP素材1935.11NYSE
4ユナイテッド・テクノロジーUTX資本財1939.3NYSE
53MMMM資本財1976.8NYSE
6IBMIBMソフトウェア・サービス1979.6NYSE
7メルクMRK医薬品1979.6NYSE
8アメリカン・エキスプレスAXP各種金融1982.8NYSE
9マクドナルドMCD消費者サービス1985.10NYSE
10ボーイングBA資本財1987.3NYSE
11コカ・コーラKO食品・飲料1987.3NYSE
12キャタピラーCAT資本財1991.5NYSE
13ウォルト・ディズニーDISメディア1991.5NYSE
14JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーJPM銀行1991.5NYSE
15ジョンソン・エンド・ジョンソンJNJ医薬品・バイオ1997.3NYSE
16ウォルマート・ストアーズWMT生活必需品小売1997.3NYSE
17ホーム・デポHD小売1999.11NYSE
18インテルINTC半導体1999.11NASDAQ
19マイクロソフトMSFTソフトウェア・サービス1999.11NASDAQ
20ファイザーPFE医薬品・バイオ2004.4NYSE
21ベライゾン・コミュニケーションズVZ電気・通信サービス2004.4NYSE
22シェブロンCVXエネルギー2008.2NYSE
23トラベラーズTRV保険2009.6NYSE
24シスコシステムズCSCOテクノロジー・ハードウェア2009.6NASDAQ
25ユナイテッドヘルス・グループUNHヘルスケア機器・サービス2012.9NYSE
26ゴールドマン・サックス・グループGS各種金融2013.9NYSE
27ナイキNKEアパレル・耐久消費財2013.9NYSE
28ビザVソフトウェア・サービス2013.9NYSE
29アップルAAPLテクノロジー・ハードウェア2015.3NASDAQ
30ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスWBA小売2018.6NASDAQ
30の企業の、名前、ティッカーシンボル(日本の証券コードにあたり、アルファベットであらわします)業種、ニューヨーク・ダウ採用年月、上場市場の順になっています。(ダウ・デュポンは、デュポンの採用年月。経営統合で2017年9月 に上場)

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る