米国株式市場(28日)ほぼ変わらず。テスラ、大幅に下落。

28日の米国市場

9/28(終値)27日比/27日
NYダウ26,458.31ドル+18.38ドル(+0.07%)
S&P5002,913.98▼0.02()
ナスダック8,046.35+4.39(+0.05%)
原油(WTI)73.25+1.13
米10年国債(金利)3.05%3.06%
VIX(米国恐怖指数)12.1212.41
AAPL(アップル)225.74ドル
+0.79ドル(+0.35%)
AMZN(アマゾン)2,003.00ドル
▼9.98ドル(▼0.50%)

堅調な動きの米国市場

28日に米国市場は、ほぼ変わらずの動き。イタリア政府が、2019年の予算で財政赤字が従来目標より、大幅に拡大する見通しを示したことで、欧州株が売られ影響が心配されましたが、堅調に推移。この日朝方に発表された、8月米個人消費支出は前月比+0.3%増、コア個人消費支出価格指数(PCEコアデフレーター)前年同月比+2.0%上昇。ともに、予想どおりの内容だったことも、マーケットに安心感を与えていたようです。

テスラは、大幅に下落

個別企業では、フェイスブック(FB)が、セキュリティ上の欠陥がみつかり、最大で5,000万件のアカウントに影響が出たことを公表。株価は、164.46ドル(▼4.38/▼2.59%)と下落。

また、SEC(米証券取引委員会)に証券詐欺罪で、提訴されていた、電気自動車大手テスラ(TSLA)のイーロン・マスクCEOは、土壇場で和解を拒否、テスラは264.77ドル(▼42.75ドル/▼13.90%)と2013年11月以来の大幅な下げとなりました。

一方、半導体関連では、インテル(INTC)47.29ドル(+1.41ドル/3.47%)が、通期の売上目標達成に楽観的な見方を示したことで買われ、GPU開発のエヌビディア(NVDA)が証券会社の強気な見方をきっかけに、281.02ドル(+13.62ドル/+5.09%)と値上がりしていました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る