米国市場(24日)、第3弾制裁関税発動とFOMCを前に・・・

24日の米国市場

9/24(終値)21日比/21日
NYダウ26,562.05ドル▼181.45ドル(▼0.68%)
S&P5002,919.37▼10.30(▼0.35%)
ナスダック7,993.24+6.29(+0.08%)
原油(WTI)72.08+1.30
米10年国債(金利)3.08%3.07%
VIX(米国恐怖指数)12.2011.68
AAPL(アップル)220.79ドル
+4.07ドル(+1.44%)
AMZN(アマゾン)1,934.36ドル
+19.35ドル(+1.01%)

トランプ政権、対中国へ、2,000億ドルの制裁関税発動

24日の米国市場、主要3指数はまちまちの動き。ダウは、5日ぶりの反落、S&P500は、続落。ナスダックは、小幅反発。米国トランプ政権はこの日、中国に対し、第3弾となる2,000億ドル(およそ22兆円)の制裁関税を発動。これに対し、中国も報復措置?として約600億ドルの米国製品に関税を課すことを決定し米中貿易摩擦のエスカレートが、不安視されていました。(予定どおりの展開ではありますが・・・)

また、米国時間25-26日に行われる、FOMC(米連邦公開市場委員会)を前に、史上最高値を更新していたニューヨーク・ダウは、利益確定の売りにおされていたようです。

ハイテク大手がしっかり。

一方、フェイスブック(FB)165.41ドル(+2.48ドル/+1.52%)、アップルやアマゾン等のハイテク大手株が、ナスダックの上昇を支えていました。

先週末(21日)の米国市場↓

米国市場(21日)、ダウは連日の最高値更新。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る