米国市場(19日)金融株と中国関連が買われ上昇。

19日の米国市場

9/19(終値)18日比/19日
NYダウ26,405.76ドル+158.80ドル(+0.61%)
S&P5002,907.95+3.64(+0.13%)
ナスダック7,950.04▼6.07(▼0.08%)
原油(WTI)70.77+1.18
米10年国債(金利)3.07%3.06%
VIX(米国恐怖指数)11.7512.79
AAPL(アップル)218.37ドル
+0.13ドル(+0.06%)
AMZN(アマゾン)1,926.42ドル
▼14.63ドル(▼0.75%)

金利上昇で金融株がしっかり

19日の米国市場、ニューヨーク・ダウと、S&P500は続伸、ナスダックは反落。ダウは、1月下旬以来の高値で、過去最高値の26,616ドル(1/26)にせまっています。通商協議を巡る懸念が後退したことや、金利(米国債の利回り)の上昇で金融株に買いが入りました。ニュースとしては中国の李克強首相が演説で人民元安は望まず、米国との対話による問題解決を呼びかけたことが伝わりました。

中国関連では、ボーイング(BA +0.45%)やキャタピラー(CAT +2.48%)が、金利上昇で、ゴールドマンサックス(GS +2.92%)やJPモルガン・チェース(JPM +2.90%)が買われていました。

18日の米国市場↓

米国市場(18日)の過度な警戒感和らぎ、反発。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る