米国市場(30日)は、反発。半導体関連に買い

30日の米国市場

10/30(終値)29日比/29日
NYダウ24,874.64ドル+431.72ドル(+1.77%)
S&P5002,682.63+41.38(+1.56%)
ナスダック7,161.65+111.35(+1.58%)
原油(WTI)66.18▼0.86
米10年国債(金利)3.12%3.08%
VIX(米国恐怖指数)23.3524.70
AAPL(アップル)213.30ドル
+1.06ドル(+0.50%)
AMZN(アマゾン)1,530.42ドル
▼8.46ドル(▼0.55%)

半導体関連が強い。

30日の米国市場、主要3指数は、いずれも1.5%以上の値上がり。半導体や輸送関連の株に押し目買いが入り、上昇しました。この日は、四半期の企業決算発表等をあらためて見直す、雰囲気?にあったようです。

インテル、引っ張る

個別では、6月に高値、57ドルをつけて以来、調整していた、インテル(INTC)が47.76ドル(+2.36ドル/+5.20%)と上昇し、半導体関連全体を引っ張りました。また、

投資判断が引き上げられた、GPU(グラフィック用プロセッサ)の大手エヌビディア(NVDA)が203.0ドル(+17.38ドル/+9.36%)と急伸しました。

企業業績の見通しへの期待と、不透明な外部要因(米中貿易摩擦、イタリア財政、米金利など)の綱引きがしばらくは、続くものと思われます。

29日の米国市場↓

米国市場(29日)、ふたたび米中貿易摩擦を懸念

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る