米国市場(29日)、ふたたび米中貿易摩擦を懸念

29日の米国市場

10/29(終値)26日比/26日
NYダウ24,442.92ドル▼245.39ドル(▼0.99%)
S&P5002,641.25▼17.44(▼0.66%)
ナスダック7,050.29▼116.92(▼1.63%)
原油(WTI)67.04▼0.55
米10年国債(金利)3.08%3.08%
VIX(米国恐怖指数)24.7024.16
AAPL(アップル)212.24ドル
▼4.06ドル(▼1.88%)
AMZN(アマゾン)1,538.88ドル
▼103.93ドル(▼6.33%)

米中貿易問題再燃が、追い打ちを・・・

週明け29日の米国株式市場、主要3指数はいずれも、下落。値上がりしたのもつかの間、買いが続かず下落方向へ。ダウは、一時400ドル以上値下がり、ナスダックは節目の、7,000ポイントを割り込む場面もありました。

来月予定されている米中首脳会談で、貿易摩擦解消に向け進展がみられなければ、米政府が12月初旬までに中国製品に対し、新たな追加関税を発動する用意をしているという、一部報道によって通商問題への懸念が出て、売りがひろがりました。

ハイテク関連は、規制強化を嫌気?

個別では、対中貿易政策に影響を受ける、ボーイング(BA▼▼)が下げ、

フェイスブック(FB▼2.26%)アップルやアマゾン(上記表参照)ネットフリックス(NFLX▼5.00%)アルファベットのグーグル(GOOGL▼4.52%)のFAANGをはじめ、ハイテク株が、規制強化への懸念等から売り込まれていました。

(わかっていたこととはいえ)貿易摩擦による、企業業績への影響など、不透明要因が世界中の投資家をリスクオフへと導いているようです。

先週末26日の米国市場↓

米国市場(26日)反落。企業業績に陰り!?アマゾン、グーグル下落

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る