米国株式市場(24日)、急落。来期以降の企業業績にネガティブ要因!?

24日の米国市場

10/24(終値)23日比/23日
NYダウ24,583.42ドル▼608.01ドル(▼2.41%)
S&P5002,656.10▼84.59(▼3.08%)
ナスダック7,108.40▼329.13(▼4.43%)
原油(WTI)66.82+0.39
米10年国債(金利)3.10%3.17%
VIX(米国恐怖指数)25.2320.71
AAPL(アップル)215.09ドル
▼7.64ドル(▼3.43%)
AMZN(アマゾン)1,664.20ドル
▼104.50ドル(▼5.91%)

来期以降の業績見通しに暗雲が!?

24日の米国株式市場は、急落。半導体メーカーの期待はずれの業績見通しや、住宅販売の伸びの鈍化などを受け、米国経済や企業業績への懸念が強まり、主要3指数はいずれも大きく値下がりしています。なかでも、ハイテク株の多いナスダックは、前日比▼4.4%安と1日の下落率としては、2011年8月以来の大きさとなりました。

「第3四半期決算は、良いが、多くの企業が、次期第4四半期と2019年について、関税や中国の景気後退などの要因を理由に、ネガティブな見通しをしめしており、売りを誘った。特に、半導体の大手のTI(テキサス・インスツルメンツ -TXN 92.01ドル/▼8.24ドル/▼8.22%)が、大幅に鈍化すると、需要予測をしたのが、ハイテク全般に影響した」とこの日のマーケットについて解説する市場関係者がいました。

企業業績の見通しに不透明要因が多いうちは、リスクオフムードが続くと考えられますが、米国株が大きく下がるほどに割安感が出てくるのも事実ですので、押し目買いが支える状況を待ちたいところです。

23日の米国市場↓

米国市場(23日)は下落。好決算も先読みで警戒感!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る