米国市場(15日)は、決算発表前の様子見ムードのなか下落。

15日の米国市場

10/15(終値)12日比/12日
NYダウ25,250.55ドル▼89.44ドル(▼0.35%)
S&P5002,750.79▼16.34(▼0.59%)
ナスダック7,430.74▼66.15(▼0.88%)
原油(WTI)71.78+0.44
米10年国債(金利)3.16%3.15%
VIX(米国恐怖指数)21.3021.31
AAPL(アップル)217.36ドル
▼4.75ドル(▼2.14%)
AMZN(アマゾン)1,760.95ドル
▼27.66ドル(▼1.55%)

四半期決算前の、様子見ムード?

週明け15日の米国株式市場は、激しく上下する展開。ニューヨーク・ダウでは、この日の高値から安値まで、238ドルの振れとなっていました。第3・四半期の発表が本格化する今週を控え、「市場は様子見ムード。マーケットが落ち着くかどうか、決算やFRBの動き、中国の経済統計を見極めようとしている。」との市場関係者のコメントがありました。

中国とアップル

個別では、アップルが下落し、(表を参照)全体を圧迫。ゴールドマン・サックスが、中国の「消費者需要の急速な落ち込み」でアップル製品に対する需要も落ち込む可能性があると警告したことが、影響しているようでした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る