マーケットを実感する

米国市場(1日)NAFTA再交渉合意で、NYダウは上昇。

投稿日:

1日の米国市場

10/1(終値)28日比/28日
NYダウ26,651.21ドル+192.90ドル(+0.73%)
S&P5002,924.59+10.61(+0.36)
ナスダック8,037.30▼9.05(▼0.11%)
原油(WTI)75.30+2.05
米10年国債(金利)3.09%3.05%
VIX(米国恐怖指数)12.0012.12
AAPL(アップル)227.26ドル
+1.52ドル(+0.67%)
AMZN(アマゾン)2,004.36ドル
+1.36ドル(+0.07%)

NAFTAからUSMCAへ?

1日の米国市場、ダウとS&P500が、上昇。北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉は、土壇場でカナダとアメリカが合意にこぎつけ、貿易問題への懸念が遠のき、マーケット全体に安心感を与えていたようです。

米自動車メーカーに有利

USMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)は、各国の自動車メーカーが安い値段で車を作れなくなり、雇用を米国に戻す狙いがあります。米自動車メーカーには有利に働くとの思惑から、ゼネラル・モーターズ(GM /34.20ドル,+0.53,+1.57%)やフォード・モーター(F/9.32ドル,+0.07ドル,+0.76%)が買われていました。

また、来月に控える、対イラン制裁再開を理由に、原油先物が2014年来の高値をつけたことで、エネルギー関連のエクソン・モービル(XOM/85.81ドル,+0.79ドル/+0.93%)やシェブロン(CVX/124.39ドル,+2.11ドル/+1.73%,)が上昇していました。。

一方、大きく値下がりしていた、電気自動車大手のテスラ(TSLA)は、310.70ドル(+45.93ドル/+17.35%)と急伸。イーロン・マスクCEOの株式非公開化に関するツイッター投稿で、SEC(米国証券取引委員会)との和解が一転、成立したことや第3四半期のモデル3の生産台数が目標に達したことが、大幅な株価切り返しになったようです。

9月28日の米国市場↓

米国株式市場(28日)ほぼ変わらず。テスラ、大幅に下落。

-マーケットを実感する
-, , , , , , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.