米国株式市場(4日)大幅高、アップルの株価は過去最高値更新。

利上げを急がない?


4日の米国株式市場、

ニューヨーク・ダウは前日に比べ
+332.36の

24,262.51ドル(+1.39%)

S&P500は
2,663.42の
(+33.69/+1.28%)

ナスダックが、
7,209.62
(+121.47/+1.71%)

と主要3指数とも1%以上値上がりの
大幅高。なかでも、ハイテク株の多い
ナスダック指数の上昇が目立っていました。

3月の雇用統計、
非農業部門雇用者数は
164,000人(予想192,000人)
失業率が、
3.9%(予想4.0%)でした。

今回の統計では、「平均時給」の伸び悩みが
意識され、FRB(米連邦準備理事会)が

「利上げ」を急がないのではという雰囲気が
広がり、買い安心感をさそったようです。

アップルの最高値更新は、あの人が・・・


世界的な、米国著名投資家
ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社

バークシャ・ハザウェイ(BRKa)がアップル株を
買い増し、第2位の株主になったたことがわかり、
(第1四半期に、7,500万株買い増し)
株価は大幅に上昇、最高値を更新しています。

バフェット氏は
「アップルはハイテク企業というより消費財の
企業とみている」と言ったそうです。4日の株価は

183.83ドル(+6.94ドル/+3.92%)
高値は、184.25ドル

1日に発表した好決算を受け、アップル株は
週間で、約13%上昇したことになります。

2つの気になる数字は

米国10年国債の利回り
2.95%(前日 2.94%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
14.77(前日 15.90)
※こちらは、数字が大きいと
先行きに対する不安が高いことを
あらわします。



関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る