米国株式市場(30日)は、上昇。イタリア政局混迷懸念、やわらぎ!?

伊政局混迷に妥協点

30日の米国株式市場は、
  ニューヨーク・ダウ
24,667.78ドル
(+306.33ドル/+1.26%)

       S&P500は
          2,724.01の
    (+34.15/+1.26%)

         ナスダックが、
          7,462.45
        (+65.85/+0.89%)

イタリアの政局混迷をきっかけとする
株安連鎖などを受け前日、大幅に下げて
いた米国株式市場でしたが、3主要指数とも
上昇してこの日の取引を終えています。

連立政権を目指す、

「五つ星運動」と「同盟」のイタリアの両党が
すすめる組閣で、ユーロ懐疑派の経済相に指名
したことに対し、マッタレッラ伊大統領が起用
を拒否。

組閣ができなくなったことで、混迷した
イタリアの政局でしたが、争点となっていた
経済相の人選で妥協点をさぐっていることが伝わり、
マーケットに安心感が広がっていたようでした。

「前日の下げは行き過ぎ」と指摘する市場関係者
がいました。また、原油価格の上昇で

エネルギー関連の株が値上がりし、
マーケット全体をサポートしていました。

エクソンモービル(XOM)は、
81.47ドル(+3.08ドル/+3.93%)

2つの気になる数字は

米国10年国債の利回りは
  2.84%(前日 2.77%)
 ※この値が高いほど
 債券が売られ、
  金利が上昇している
   ことをあらわします。

  米国VIX指数(恐怖指数)は
  14.94(前日 17.02)
 ※こちらは、数字が大きいと
  先行きに対する不安が高いことを
  あらわします。

 関連記事はこちら↓

日経平均株価(30日)は、大幅に下落。イタリア政局混迷からの株安連鎖!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る