マーケットを実感する

米国株式市場(29日)は、急落。ユーロ圏安定を脅かす、伊政局混迷。

更新日:

イタリア、政局の混迷

29日の米国株式市場は、
  ニューヨーク・ダウ
24,361.45ドル
(▼391.64ドル/▼1.58%)

       S&P500は
          2,689.86の
    (▼31.47/+▼1.15%)

         ナスダックが、
          7,396.59
        (▼37.26/▼0.50%)

    主要3指数とも、軒並み下落。
 混迷を深める、イタリア政局の状況が
 ユーロ圏の安定を脅かすとの不安が広がり、

 イタリア国債や株式のほか、ユーロに対する
 売りが加速し、2010-2012年のユーロ圏
   債務危機を想定させたと、語る市場関係者が
 いました。

 ダウとS&P500は、1日としては、約1ヶ月ぶり
 の下落率となりました。なかでも、
   銀行株の下げが目立っていました。

ユーロと銀行株が売られ、円が買われる

こうした中で、ドルは対ユーロで1.1506ドルと
2017年7外来の高値を更新。

ドル/円では、
「リスクオフ」で円も押し上げられ、
 1ドル=108.10円と5週間ぶりの水準まで
 の円高。

個別の株では、

JPモルガン・チェース(JPM)
106.25ドル(▼4.73ドル/▼4.27%)

モルガン・スタンレー(MS)
 50.25ドル(▼3.05ドル/▼5.75%)

など金融関連の下落がきつかったです。

2つの気になる数字は

米国10年国債の利回り
    2.77 %(前日 2.93%)
安定しているとされる
米国債が買われ(債券価格の
上昇、利回りの低下)ました。
 ※この値が高いほど
 債券が売られ、
  金利が上昇している
   ことをあらわします。

  米国VIX指数(恐怖指数)
    17.02(前日 13.22)
 恐怖指数は急上昇。危険レベル
 20に近づく。
 ※こちらは、数字が大きいと
  先行きに対する不安が高いことを
  あらわします。

 

 

-マーケットを実感する
-, , , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.