米国株式市場(25日)はニューヨーク・ダウは下落。週間ベースではプラス!?

エネルギー株下落で

25日の米国株式市場、
主要3指数の動きは、
それぞれ、前日比
  ニューヨーク・ダウ
24,753.09ドル
(▼58.67ドル/▼0.24%)

       S&P500は
          2,721.33の
    (▼6.43/+▼0.23%)

         ナスダックが、
          7,433.85
        (+9.42/+0.13%)

  とダウとSP500が下落。ハイテク企業の
     多い、ナスダック指数は上昇。

原油先物市場が、サウジアラビアとロシアの
エネルギー相で、協調減産緩和について協議した
ことが伝わり、(原油増産へ?)

原油価格(WTI原油先物)が4%(1バレル=
67.88ドル←前日70.71ドル)下落し、

エネルギー株が値を下げたことが、2指数の
値下がりに影響した模様。
エネルギー関連株では、

エクソンモービル(XOM)
  78.71ドル
(▼1.56ドル/▼1.94%)

シェブロン(CVX)
122.19ドル
(▼4.42ドル/▼3.49%)

と下落。

逆に、半導体や小売関連が上昇し、
全体としては、下落は限定的でした。

トランプ大統領はこの日、前日中止とした
米朝首脳会談について、当初の予定どおり

6月12日におこなう可能性があることを
示唆し、またかという感じですが、
ギリギリまで、水面下での交渉が続きます。

週間ベースでは、ダウでもプラス!?

今週は、米中の貿易を巡る動き、米国の輸入
自動車追加関税への思惑、

そして、米朝首脳会談開催の中止発表など
荒れた印象を受けましたが、週間ベースでは
結局、

ニューヨーク・ダウが
5/18  24,715ドル
5/25  24,753ドル
(+38ドル/+0.15%高)

そして、
S&P500は、+0.3%高
ナスダックは、+1.1%高

 冷静にみてみると、しっかりしていた!?

2つの気になる数字は

米国10年国債の利回りは
     2.93%(前日 2.98%)
  ※この値が高いほど
  債券が売られ、
  金利が上昇している
  ことをあらわします。

  米国VIX指数(恐怖指数)は
    13.22(前日 12.53)
 ※こちらは、数字が大きいと
  先行きに対する不安が高いことを
  あらわします。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る