マーケットを実感する

FOMC議事要旨で持ち直しの、米国株式市場(23日)

更新日:

軟調な動きもFOMC議事要旨で、一転

23日の米国株式市場、
主要3指数の動きは、前日比
  ニューヨーク・ダウ
 24,886.81ドル(+52.40ドル/+0.21%)

  S&P500は
  2,733.29の
  (+8.85/+0.32%)

  ナスダックが、
  7,425.95
  (+47.50/+0.64%)

と小幅に反発。

この日は、アジア・欧州株の値下がりで、米国
マーケットも売りが先行。貿易摩擦での米中
関係の悪化懸念や米朝首脳会談実現に赤信号が
出たと、市場は軟調に推移していました。

しかし、5/1,2日分のFOMC議事要旨から

インフレ率が上振れしても、米経済に影響を与え
るものではなく、FRBが利上げを急がない姿勢が
確認?できたと、発表後は株価は少しずつ戻し、
取引終了にかけて、上昇に転じました。

個別企業では、宝飾品の
ティファニー(TIF)が
既存店の売上が大幅に伸びたたことが、好感され、
株価は
126.05ドル(+23.81ドル/+23.29%)

と急騰していました。

2つの気になる数字は

  米国10年国債の利回りは
     3.01%(前日 3.06%)
  ※この値が高いほど
  債券が売られ、
  金利が上昇している
  ことをあらわします。

  米国VIX指数(恐怖指数)は
    12.58(前日 13.22)
 ※こちらは、数字が大きいと
  先行きに対する不安が高いことを
  あらわします。

 

-マーケットを実感する
-, , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.