FOMC議事要旨で持ち直しの、米国株式市場(23日)

軟調な動きもFOMC議事要旨で、一転

23日の米国株式市場、
主要3指数の動きは、前日比
  ニューヨーク・ダウ
 24,886.81ドル(+52.40ドル/+0.21%)

  S&P500は
  2,733.29の
  (+8.85/+0.32%)

  ナスダックが、
  7,425.95
  (+47.50/+0.64%)

と小幅に反発。

この日は、アジア・欧州株の値下がりで、米国
マーケットも売りが先行。貿易摩擦での米中
関係の悪化懸念や米朝首脳会談実現に赤信号が
出たと、市場は軟調に推移していました。

しかし、5/1,2日分のFOMC議事要旨から

インフレ率が上振れしても、米経済に影響を与え
るものではなく、FRBが利上げを急がない姿勢が
確認?できたと、発表後は株価は少しずつ戻し、
取引終了にかけて、上昇に転じました。

個別企業では、宝飾品の
ティファニー(TIF)が
既存店の売上が大幅に伸びたたことが、好感され、
株価は
126.05ドル(+23.81ドル/+23.29%)

と急騰していました。

2つの気になる数字は

  米国10年国債の利回りは
     3.01%(前日 3.06%)
  ※この値が高いほど
  債券が売られ、
  金利が上昇している
  ことをあらわします。

  米国VIX指数(恐怖指数)は
    12.58(前日 13.22)
 ※こちらは、数字が大きいと
  先行きに対する不安が高いことを
  あらわします。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国での販売不振を織り込む、株価!? 大中華圏=グレーターチャイナ(一般的に中国本土、香港…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る