米国株式市場(22日)は下落。米中通商協議への不満で。

米中通商協議に満足していない米大統領

22日の米国株式市場、
  ニューヨーク・ダウは前日に比べ
  ▼178.88ドルドル安の

 24,834.41ドル(▼0.72.%)

  S&P500は
  2,724.44の
  (▼8.57/▼0.31%)

  ナスダックが、
  7,378.45
  (▼15.58/▼0.21%)

前日は、米中の通商協議を終え、
貿易問題を「保留」し、話し合い
が継続することを好感され、株価は
上昇していましたが、この日は、

(またですが)トランプ大統領が
米中通商協議に満足していないと表明。

米国が制裁の対象としている、中興通訊(ZTE
中国通信機器大手)に対し、罰金をかけ
経営陣の刷新を求める案を提示しており、

「保留」は、あくまでも「保留」である
ことが再確認され、米国マーケットに、
通商協議への不透明感を残したまま、
下落して終了しています。

また、トランプ大統領が、6月12日の
米朝首脳会談が予定通り行わない可能性
が十分あると語ったことも、

「東アジアの平和」歓迎ムードの、株式
市場に水をさすカタチになったと、
市場関係者。

個別企業では、電機自動車大手の
テスラ(TSLA  ナスダック)
が新型セダン「モデル3」に
大きな欠点があると、情報誌に指摘された
ことが嫌気され、株価は

 275.01ドル(▼9.48/▼3.33%)
 と大幅に値下がりしていました。

2つの気になる数字は

  米国10年国債の利回りは
     3.06%(前日 3.06%)
  ※この値が高いほど
  債券が売られ、
  金利が上昇している
  ことをあらわします。

  米国VIX指数(恐怖指数)は
    13.22(前日 13.08)
 ※こちらは、数字が大きいと
  先行きに対する不安が高いことを
  あらわします。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る