米中貿易戦争は休戦?21日の米国株式市場は、上昇。中国関連で明暗。

 

米中貿易戦争は休戦

 21日の米国株式市場、
  ニューヨーク・ダウは前日に比べ
  +298.20ドル高の

 25,013.29ドル
(+298.20ドル/+1.21%)

  S&P500は
  2,733.01の
  (+20.04/+0.73%)

  ナスダックが、
  7,394.03
  (+39.69/+0.54%)

 3指数とも上昇してこの日の取引を
 終えています。

 米中通商問題については、お互いの主張
 を「保留」し、今後の課題として取り組んで
 いくことが確認され、市場に安心感がひろがり
 ました。

 また、合併や買収(M&A)の案件がいくつかの
 企業で明らかになったことも、マーケットに
 はプラスにはたらいていたようです。

 明暗分かれる、AKスチールとボーイング

 米中通商問題の「保留」によって
 米国側が指摘する、中国の政策改善が
 不透明になったなどの理由で、
(米国内の鉄鋼に不利?)

 鉄鋼大手の
   AKスチール(AKS)
  4.46ドル(▼0.24ドル/▼5.11%)

 が 売られる一方、民間機の売上の、およそ25%を
 を中国の顧客が占める航空機大手の

  ボーイング(BA)
  363.92ドル(+12.69ドル/+3.61%)

 が買われていました。ニューヨーク・ダウが
 他の指数より強かったのは、ボーイングの
 上昇の影響が大きかったためです。

 アップル(AAPL)の株価もしっかり。
 187.63ドル(+1.32ドル/+0.71%)

 M&A関連では、複合企業の
ゼネラル・エレクトリック(GE)が
輸送事業を他企業との統合することを
表明したことで,

   15.26ドル(+0.29ドル/+1.94%)
  と値上がりしていました。

 2つの気になる数字は

  米国10年国債の利回りは
     3.06%(前日 3.06%)
  ※この値が高いほど
  債券が売られ、
  金利が上昇している
  ことをあらわします。

  米国VIX指数(恐怖指数)は
    13.08(前日 13.42)
 ※こちらは、数字が大きいと
  先行きに対する不安が高いことを
  あらわします。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る