マーケットを実感する

米国株式市場(18日)は、ニューヨーク・ダウ、ほぼ横ばい。くすぶる、金利と原油価格の上昇。それと・・

更新日:

金利、原油、米中通商協議への懸念

18日の米国株式市場、
  ニューヨーク・ダウは前日に比べ
  +1.11ドル安の

   24,715.09ドル(+0.00%)

  S&P500は
  2,712.97の
  (▼7.16/▼0.26%)

  ナスダックが、
  7,354.33
  (▼28.13/▼0.38%)

    ダウは横ばい、他の主要指数は
 続落。
 銀行と半導体関連企業の株
   が売られ、マーケット全体の
 動きをおさえました。

 今週は、米中通商協議巡る警戒感や
 米国債利回り、原油価格の上昇など
 
 投資家心理を不安定にする、要因が
 見えてきた一週間で、

 3指数とも、週初よりも、週末の値
 がそろって下落ということになりました。

 

米中のかけひき

 ワシントンで開催されている、米中通商協議
 の2日目は、中国外務省の報道官が
「中国が対米貿易黒字を、2,000億ドル削減
すると提案したとする報道は正しくない」と
する一方、

 「米国との通商協議は建設的」と述べるなど
 タフネゴシエーター(やり手の交渉人)ぶりを?
 発揮しています。

  マーケット関係者には、米中
    通商協議での前向きな、両国の歩みよりが
  なによりの安心材料となります。

 個別企業では、米国の対中貿易赤字縮小が
 プラスに働くことが期待されると

 ボーイング(BA)
  351.23ドル
 (+7.09ドル/+2.06%)

 と株価をあげていました。
 

2つの気になる数字は

  米国10年国債の利回りは
     3.06%(前日 3.11%)
  ※この値が高いほど
  債券が売られ、
  金利が上昇している
  ことをあらわします。

  米国VIX指数(恐怖指数)は
    13.42(前日 13.43)
 ※こちらは、数字が大きいと
  に対する不安が高いことを
  あらわします。

 

-マーケットを実感する
-, , , , , , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.