米国株式市場(17日)は、小幅に反落。米中通商問題や原油高を警戒。

米中通商問題、再燃?

17日の米国株式市場、
  ニューヨーク・ダウは前日に比べ
  ▼54.95ドル安の

   24,713.98ドル(▼0.22%)

  S&P500は
  2,720.13の
  (▼2.33/▼0.08%)

  ナスダックが、
  7,382.47
  (▼15.82/▼0.21%)

と小幅に反落。

ワシントンで、米中通商協議がはじまり
トランプ大統領の発言に注目が集まる中
「中国はわがままになった」と米中貿易

について述べたことで、貿易摩擦回避に
向けた取り組みに、疑問符がつき、

また、中東情勢の緊迫化で、原油需給への
懸念から、原油先物が、約3年半ぶり
(WTI 1バレル=72ドル台)に高値圏で

推移しことも、マーケットの足を引っ張る
結果となっていたようです。

 

 

出典元 世界経済のネタ帳↑
さらに、金利(米10年国債利回り)が
3.11%と、こちらはおよそ7年ぶりの水準に
上昇。金利に敏感な不動産関連株などに
値下がりが目立ちました。

原油高、ドル高、金利高?

長い眼でみた場合、3%台の米国金利が
高いかどうかという問題はありますが、

米国にとって、
短期的に、原油高、ドル高、金利高の
3重苦?は、コントロールできない、外的
な要因ですので、どうしても大型株の多い
3主要指数にとっては、足かせになります。

反対に、これらの影響を受けにくい、小型株
は、不透明感があるときは、人気があつまる
傾向にあります。

米国の代表的な小型株指数である、
ラッセル2000が、2日連続で、最高値を更新
しているのは、今後の米国マーケットを
暗示しているかもしれません。

2つの気になる数字は

  米国10年国債の利回りは
     3.09 %(前日 3.09%)
  ※この値が高いほど
  債券が売られ、
  金利が上昇している
  ことをあらわします。

  米国VIX指数(恐怖指数)は
    13.43(前日 13.42)
 ※こちらは、数字が大きいと
  に対する不安が高いことを
  あらわします。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る