16日の米国株式市場は、小幅に反発も、金利上昇を懸念。

金利上昇の重し

16日の米国株式市場、
  ニューヨーク・ダウは前日に比べ
   +62.52ドル高の

   24,768.93ドル(+0.25%)

  S&P500は
  2,722.46の
  (+11.01/+0.40%)

  ナスダックが、
  7,398.29
  (+46.66/+0.63%)

3指数とも上昇。

北朝鮮情勢への不安感の一服と
米国債利回り(金利)の落ち着き
で、前日の下落を戻すまでの勢いは

ありませんでしたが、買いが先行
するカタチで小幅な反発となりました。

ただ、米国債利回りが、再び上昇する
局面では、株価の動きをおさえていた
のは、明らかでしたので、

金利の動向から、目が離せないマーケット
環境がしばらく続きそうです。

百貨店とスーパーマーケット関連が堅調

個別企業では、

百貨店チェーン大手のメイシーズ(M)が
増収や通期見通しの引き上げが、評価され
大幅に上昇。株価は

33.17ドル(+3.24ドル/+10.83%)

また、明日17日(現地)に決算発表を
する小売大手のウォルマート(WMT)も
メイシーズの連想からか?
株価は、堅調な動き。

86.13ドル(+1.61ドル/1.90%)
でした。

2つの気になる数字は

  米国10年国債の利回りは
    3.09%(前日 3.08%)
  ※この値が高いほど
  債券が売られ、
  金利が上昇している
  ことをあらわします。

  米国VIX指数(恐怖指数)は
  13.42(前日 14.63)
 ※こちらは、数字が大きいと
  に対する不安が高いことを
  あらわします。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る