15日の米国株式市場は、反落、約7年ぶりの金利水準で。

利上げの回数

15日の米国株式市場、
  ニューヨーク・ダウは前日に比べ
   ▼193.00ドルの

   24,706.41ドル(▼0.78%)

  S&P500は
  2,711.45の
  (▼18.68/▼0.68%)

  ナスダックが、
  7,351.62
  (▼59.68/▼0.81%)

と主要3指数とも反落。

小売統計、コア売上高(自動車を除く)が
第1四半期に減速した消費支出回復を示す
堅調な内容であったため、

インフレ懸念が高まり
          ↓
米10年国債利回りが上昇
(約7年ぶりの水準)
     ↓
 FRBによる利上げのペース
 はやまる?
     ↓
       株が売られる

という、金利上昇のときのパターン?
がこの日見られていました。

FRBによる利上げは、今年は
3月FOMC(連邦公開市場委員会)の
すでに、1回行われており

あと2回(合計3回)か3回(合計4回)
で投資家、市場関係者などの間で意見
が分かれているところです。

株式市場にとっては、今のところ
あと2回であれば、プラスに働き
上昇

あと3回であれば、インフレ懸念に
より、株価はおさえられ、下落
しやすいという流れになっていると
思われます。

アップルとフェイスブック

堅調な四半期決算と自社株買い等
を発表し、5/10には、過去最高値
となる、

190ドル台の株価をつけた、アップル
(AAPL)は、

186.44ドル(▼1.71ドル/▼0.91%)

また、3月に顧客情報流失問題で
株価を、185ドル近辺から150ドル
まで急落させていた、フェイスブック
(FB)は、

 184.32ドル(▼2.32ドル/▼1.24%)

  15日は下落していましたが、いつの
 まにか、急落前の水準のもどって
 いました。

 

2つの気になる数字は

  米国10年国債の利回りは
    3.08%(前日 2.97%)
  ※この値が高いほど
  債券が売られ、
  金利が上昇している
  ことをあらわします。

  米国VIX指数(恐怖指数)は
  14.63(前日 12.93)
 ※こちらは、数字が大きいと
  に対する不安が高いことを
  あらわします。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る