14日米国株式市場は、小幅高で8日続伸。スポーツ賭博がキーワード?

エネルギー関連堅調、防衛関連軟調

14日の米国株式市場、
  ニューヨーク・ダウは前日に比べ
   +68.24ドルの

   24,899.41ドル(+0.27%)

  S&P500は
  2,730.13の
  (+2.41/+0.08%)

  ナスダックが、
  7,411.31
  (+8.43/+0.11%)

ダウは小幅高、8営業日続伸。

石油輸出国機構(OPEC)が世界的な
原油の供給過剰は事実上解消したとの
見方を示したことを好感し、原油価格
が上昇し、

エネルギー関連の株がしっかり。
エクソンモービル(XOM)
81.83ドル(+0.55ドル/0.68%)

直近の、地政学リスク回避観測から
防衛関連株の
ロッキード・マーティン(LMT)
319.08ドル(▼4.96ドル/▼1.53%)

となっていました。

スポーツ賭博?

アメリカらしい、ニュースでは、
米国最高裁が14日、全米各州にスポーツ
賭博の合法化を認める判断を示したことを
うけ、賭け業者やカジノ運営会社など
賭博関連株が軒並み値上がり。

特に
多くの州が解禁するという思惑で、
スポーツ賭博への事業拡大を狙う
企業の株が買われていました。凄い!

ギャンブル施設運営会社の
ペン・ナショナル・ゲーミング
(PENN  ナスダック上場)
33.75ドル(+1.51ドル/+4.68%)

2つの気になる数字は

  米国10年国債の利回りは
   2.97%(前日 2.97%)
  ※この値が高いほど
  債券が売られ、
  金利が上昇している
  ことをあらわします。

  米国VIX指数(恐怖指数)は
  12.93(前日 12.65)
 ※こちらは、数字が大きいと
  に対する不安が高いことを
  あらわします。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る