アップル時価総額、1兆ドルも視野に。10日の米国株式市場は、続伸。

   終日堅調な動き

10日の米国株式市場、

  ニューヨーク・ダウは前日に比べ
  +196.99ドル高の

  24,739.53ドル(+0.80%)

  S&P500は
  2,723.07の
  (+25.28/+0.93%)

  ナスダックが、
  7,404.97
  (+65.07/+0.89%)

  3主要指数とも、続伸。

  この日発表された4月の
  消費者物価指数(CPI
  食品・エネルギーを除くコア)が
  市場予想を下回った
  (結果 前月比0.1%  予想0.2%)ことなど

  FRB(米連邦準備理事会)による年内の
  利上げペースが加速しないのでは、
 という楽観的なムードがひろがり

  買いが先行。ハイテク株中心に買い
  が集まり、特に半導体・半導体製造装置
  関連や通信サービスの上昇が目立っていた
  ようです。

  時価総額世界一は、1兆ドルを目指す

  アップル(AAPL)が、
  投資銀行のゴールドマン・サックス
  (GS)と提携し、独自のクレジット
  カード発行を計画しているとの報道が

  伝わり、株価が最高値を更新。
  190.04ドル(+2.68ドル/1.43%)

  世界時価総額ランキングでは、
  3月末で、8,380億ドル。
  このときの株価が
  167.78ドルですので、

    1兆ドルの時価総額も視野に入って
    きています。

  2つの気になる数字は

  米国10年国債の利回り
   2.97%(前日 3.00%)
  ※この値が高いほど
  債券が売られ、
  金利が上昇している
  ことをあらわします。

  米国VIX指数(恐怖指数)
  13.23(前日 13.42)
 ※こちらは、数字が大きいと
  に対する不安が高いことを
  あらわします。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る