1日の米国株式市場、ニューヨーク・ダウは続落も、アップルは好決算。

利上げの回数は?

1日の米国株式市場、

ニューヨーク・ダウは前日に比べ
▼64.10ドル安の

24,099.05ドル(▼0.27%)

S&P500は
2,654.80の
(+6.75/+0.25%)

ナスダックが、
7,130.70
(+64.43/+0.91%)

ダウ平均は、3日続落、
他の指数は小幅高とまちまちの動き。

米供給管理協会(ISM)が発表の
4月の製造業景気指数は、
57.3と予想の58.4を下回り、投資家がリスク
回避を強めたと、市場解説がありました。

企業決算からコスト高が意識される中で
投資家の、インフレに対する懸念が広がり、

FRB(米連邦準備理事会)による年内の利上げ
の回数も3回から、4回への可能性を支持する
市場関係者も増えつつあり、現地時間の

2日まで開かれる、FOMC(米公開市場
委員会)の結果に神経質にならざるを得ない
状況です。

iPhoneの販売台数は、ほぼ予想どおり


個別企業では、取引終了後に四半期決算(第2)
を発表した、アップル(AAPL)は

売上高と利益が市場予想を上回り、注目された
主力のiPhoneの販売台数は、
5,220万台(予想は、5,230万台)とほぼ予想
どおりとなったいました。

また、アップルからは、同時に
1,000億ドルの自社株買いと増配の計画が発表
されています。

時間外取引では
前日比+6ドル高(+3.55%)の
175.10ドル

まで買われていました。

2つの気になる数字は

米国10年国債の利回り
2.97%(前日 2.95%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
15.49(前日 15.93)
※こちらは、数字が大きいと
先行きに対する不安が高いことを
あらわします。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る