米国株式市場(23日)NYダウは大幅続落。キーワードは”貿易戦争”

アメリカvs中国

23日の米国株式市場

ニューヨーク・ダウは大幅
続落。

前日比▼424.69ドル安

23,533.20ドル(▼1.77%)

他の主要指数も、

S&P500
2,588.26
(▼55.43/▼2.09%)

ナスダック
6,992.66
(▼174.01/▼2.43%)

と2日続けての大幅な値下がりと
なりました。

米国政府は、中国をWTOに
(世界貿易機構)に提訴する
など、

前日の

中国の知的財産権侵害を
めぐり、トランプ大統領が

最大で、600億ドル規模の
中国製品に対し、

関税を課すことを目指す
大統領覚書に署名した
にことに基づくものと
思われます。

キーワードになりつつあり
”貿易戦争”への懸念は
マーケットを萎縮させて
います。

ビジネマン出身のトランプ大統領
特有のやり方で

先に、無理難題をふきかけ
そこから、徐々におろして
いく、いつもの交渉術?
でしょが、

11月の中間選挙が
あるだけに、折りにふれ

”アメリカンファースト”や
”保護主義”のトランプ政権に

マーケットは振り回される
と思います。

フェイスブックに最初の試練

個別企業では
ユーザーの個人情報が、2016年
米大統領選挙で不正利用を
指摘された、

フェイスブック(FB)
の株価は

159.09ドル
の▼5.50ドル(▼3.34%)
の値下がり。

個人情報保護のあり方を
めぐる問題は、

規制強化など

他の、ITハイテク企業
への影響も出てきています。

2つの気になる数字

米国10年国債の利回り
2.82%(前日 2.83%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
24.87(前日 23.34)
※こちらは、数字が大きいと
先行きに対する不安が高いことを
あらわします。

関連記事はこちら↓

23日の東京株式市場、日経平均株価は、またも大幅下落。「米中貿易戦争」への懸念も買いは入る!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る