米国株式市場(21日)は小幅安。利上げ実施も年内の回数を不安視。

政策金利引を1.5%〜1.75%へ

21日の米国株式市場
ニューヨーク・ダウは
前日に比べ▼44.96ドル安

24,682.31ドル(▼0.18%)

他の主要指数では、

S&P500
2,711.93
(▼5.01/▼0.18%)

ナスダック
7,345.28
(▼19.01/▼0.26%)

でした。

注目された、

パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)
議長就任後、初のFOMC
(米連邦公開市場委員会)
でしたが、

新議長は
「 労働市場は引き続き強く、経済は拡大を
継続、そしてインフレは、

FOMCの長期目標である2%に向かっている。
ご存知の通り、我々は本日は

フェデラル・ファンド(FF)金利の目標を
0.25%引き上げ、1.5%〜1.75%とした。

この決定は
現在進めている、金融緩和政策を徐々に
縮小するプロセスにおける一歩であり、

このプロセスは今や数年におよんでいる。」

などの発言がありました。

年内の回数に憶測?

あるエコノミストは、

「 発言内容は、特に驚く内容ではなかった。
FRBが経済に対してより楽観的な認識を
示し、また長期的なインフレ率が2%に

落ち着くと予想していることを踏まえると
2018年は、4回(あと3回)の利上げに踏み
切る可能性が高いと我々はみている・・・」

一方で、利上げは、3回(あと2回)とする
市場関係者もおり、また回数の問題で(笑
事前予想が、もめている?みたいですね。

そのあたりのところは、
21日のニューヨーク・ダウの動き
にあらわれており、

前日比で、250ドルほど上昇する場面が
あるかと思えば、

結局、マイナスで終了しています。

個別では、

金利の引きあげで、
銀行株と

原油の上昇で、
エネルギー関連の株が
買われていました。

顧客データ問題で、
2日間で、
▼9.1%下落した
フェイスブック(FB)の株価は

169.39ドル(+1.24ドル/+0.74%)
と多少反発しています。

2つの気になる数字

米国10年国債の利回り
2.89%(前日 2.89%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
17.86(前日 18.20)
※こちらは、数字が大きいと
先行きに対する不安が高いことを
あらわします。

貿易戦争への警戒感

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る