米国株式市場(7日)は、重要イベントを控え慎重な取引。ダウは続伸、ナスダックは反落。

重要イベント控え、慎重な取引

7日の米国株式市場は、
  ニューヨーク・ダウ
25,241.41ドル
(+95.02ドル/+0.38%)

       S&P500は
          2,770.37の
    (▼1.98/▼0.07%)

         ナスダックが、
          7,635.07
        (▼54.17/▼0.70%)

   ナスダックとS&P500は反落。昨日まで、
 3日連続で終値での最高値を更新していた、
 ナスダックは利益確定におされて、下落。

ナスダックの直近3ヶ月の動き↓

引用元 ナスダック総合指数【^IXIC】:海外指数-Yahoo!ファイナンス

ニューヨーク・ダウの直近3ヶ月の動き↓

引用元 ニューヨーク・ダウ【^DJI】:海外指数-Yahoo!ファイナンス

 NYダウは、原油高によって、
 エクソン(XOM)
 82.90ドル(+0.82ドル/+1.00%)

   シェブロン(CVX)
   126.98ドル(+3.58ドル/+2.90%)
   のエネルギー株が上昇。
 続伸となりました。
 
 ベネズエラの原油輸出が大幅に減少するのでは
 という観測や、OPEC(石油輸出国機構)の今月
 の総会で、増産を決定しないかもしれないとの
 見方が広がり、原油価格が値上がりしていた
 ようです。

 米国株式市場全体が、重要イベントを控え、
 慎重な取引となっていたとする、市場関係者
 のコメントがありました。

重要イベントのスケジュール

 を整理しますと
 ・8-9日    G7サミット(主要7ヵ国首脳会議)
 ・12-13日   FOMC(米公開市場委員会)
    ・14日   ECB(欧州中央銀行)政策理事会
  ・22日   OPEC総会

 などとなっています。

 通商問題で、強気姿勢を崩さないトランプ大統領に
 主要貿易国がどのような、対応をするのか注目され

 FOMCでは、年4回の利上げの可能性を読み取る?
  ことになりそうです。また、イタリア政局不安や
 ここのところの、原油価格などの不安定さから

 6月は、まさしく政治、外交的スケジュールに
 振り回される展開となりそうです。

 2つの気になる数字は

米国10年国債の利回りは
  2.93%(前日 2.97%)
 ※この値が高いほど
 債券が売られ、
  金利が上昇している
   ことをあらわします。

  米国VIX指数(恐怖指数)は
  12.13(前日11.64)
 ※こちらは、数字が大きいと
  先行きに対する不安が高いことを
  あらわします。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る