NYダウ(22日)は9日ぶりの反発、OPEC合意を好感するも不安残す

OPECでの増産を好感

22日の米国株式市場、
  ニューヨーク・ダウ
24,580.89ドル
(+119.19ドル/+0.49%)

       S&P500は
          2,754.88の
    (+5.12/+0.19%)

         ナスダックが、
          7,692.82
        (▼20.13/▼0.26%)

 ダウは、9営業日ぶりの反発。

この日、ウィーンで開かれた
OPEC(石油輸出国機構)の定例総会では、
原油増産で合意をみましたが、

増産量は想定の範囲内であったことが好感
され原油価格が上昇。エネルギー関連の株が
マーケットを牽引(けんいん)していました。

一方、トランプ大統領が、EU(欧州連合)
から米国に輸入されているすべての自動車に
20%の関税をかけると警告。(ツイッターで)

EUの報復関税等、世界的な貿易摩擦への懸念
は拭い去られてはいないようです。

ダウの一週間で2%の値下がりは、3月下旬
以来の大幅な下げ。キャタピラー(CAT)や
ボーイング(BA)の大手、中国関連企業が
売り込まれたことが影響しました。他の主要
2指数は、S&Pは、0.9%、ナスダックは0.7%
それぞれ下落の一週間でした。

チャートは、ニューヨーク・ダウこの3ヶ月の動き↓

引用元 ニューヨーク・ダウ【^DJI】:海外指数-Yahoo!ファイナンス

シェブロンが買われ、ハーレーが売られる

個別企業では、この日

シェブロン(CVX)
125,10ドル(+2.51ドル/+2.05%)
など原油価格の上昇で値上がりする一方、

EUで販売を伸ばす、バイクメーカーの
ハーレーダビッドソン(HOG)
44.21ドル(▼1.03ドル/▼2,28%)

と売られていました。

2つの気になる数字は

   米国10年国債の利回りは
    2.90%(前日 2.90%)
    ※この値が高いほど
   債券が売られ、
   金利が上昇している
    ことをあらわします。

     VIX指数(恐怖指数)は
     13.77(前日14.64)
    ※こちらは、数字が大きいと
    先行きに対する不安が高いことを
    あらわします。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る