米国株式市場(20日)は、警戒感はあるものの、FAANGが主役。

貿易摩擦への警戒感

20日の米国株式市場、
  ニューヨーク・ダウ
24,657.80ドル
(▼42.41ドル/▼0.17%)

       S&P500は
          2,767.32の
    (+4.73/+0.17%)

         ナスダックが、
          7,781.51
        (+55.93/+0.72%)

 ダウは7日連続安。大型ハイテク株や、一般消費財関連
 に買いが入り、ナスダック総合指数は終値で最高値を
 更新。またメディア関連の上昇に支えられS&P500は
 4営業日ぶりプラス圏で引けました。

 米中貿易摩擦激化への警戒感のなか、ダウは戻りも弱く
 中国市場への依存度が高い企業の動きが軟調でした。
 また、

 パウエルFRB(米連邦準備理事会)議長が
 さらなる利上げ余地があることをECB(欧州中央銀行)
 フォーラムで示唆したことがマーケット全体の重しに
 なっていたと指摘する市場関係者がいました。

今年に入ってからのニューヨーク・ダウの動き↓

  引用元 ニューヨーク・ダウ【^DJI】:株式/株価-Yahoo!ファイナンス

FAANG、ハイテク大手5銘柄

 一方
 この日の主役となったのは、
    会社名の頭文字をとった
  「FAANG」のハイテク大手5銘柄。
     アップル以外の4社が過去最高値を
     更新。それぞれの終値は、
 
  Facebook フェイスブック(FB)
    202.30ドル(+4.51ドル/+2.28%)

     Apple アップル(AAPL)
     187.33ドル(+0.81ドル/0.44%)

    Amazonアマゾン(AMZN)
 1,751.66ドル(+15.30ドル/0.88%)

    Netflixネットフリックス(NFLX)
    417.40ドル(+11.78ドル/+2.91%)

    Googleグーグル(GOOGL)←アルファベットの
 1,187.55ドル(+5.38ドル/0.46%)

 となっていました。中国との貿易摩擦の影響を
 測れない?企業群といえるかもしれません。

2つの気になる数字は

   米国10年国債の利回りは
    2.93%(前日 2.89%)
    ※この値が高いほど
   債券が売られ、
   金利が上昇している
    ことをあらわします。

     VIX指数(恐怖指数)は
     12.79(前日13.35)
    ※こちらは、数字が大きいと
    先行きに対する不安が高いことを
    あらわします。

関連記事はこちら↓

米中貿易摩擦激化への懸念

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る