米国株式市場(19日)は下落、米中貿易摩擦激化への懸念で。

貿易摩擦摩擦激化による企業業績への影響を警戒

19日の米国株式市場、
  ニューヨーク・ダウ
24,700.21ドル
(▼287.26ドル/▼1.15%)

       S&P500は
          2,762.59の
    (▼11.16/▼0.40%)

         ナスダックが、
          7,725.58
        (▼21.44/▼0.28%)

  主要3指数とも下落。激しさをます米中貿易摩擦
  問題が、投資家心理をより不安にさせていました。
  その証拠に、先行きの不安度合いをあらわす、
  VIX(恐怖)指数は、3週間ぶりの高い水準の
  14.68まで上昇。(最終的には13.35)

  トランプ大統領の米国が、単なる交渉戦術として
  追加措置を示しているのではなく、行き着くところ
     までいくかもしれないと考える、市場関係者も
  出ていました。
     ニューヨーク・ダウは、年初来の上昇を埋め、
  マイナス圏になっています。

今年に入ってからのニューヨーク・ダウの動き↓

引用元 ニューヨーク・ダウ【^DJI】:海外指数-Yahoo!ファイナンス

 いずれにしても、米中貿易摩擦に端を発する、
 世界的な通商政策問題(日本にも関係します)は、
 年内の不安材料として、マーケットの足かせと
 なりそうです。

 個別企業

では、やはり貿易摩擦の影響が懸念される

 航空大手の
  ボーイング(BA)
   343.66ドル(▼13.62ドル/▼3,84%)

 建設機械の
   キャタピラー(CAT)
   143.32ドル(▼5.38ドル/▼3.62%)

   の下落が目立っていました。

 また、中国で組み立てられた「iPhone」は
  対中関税の対象にはならないと、
     トランプ大統領が、
 アップルCEO(最高経営責任者)に伝えたと
   一部報道があった、

   アップル(AAPL)でしたが
   185.69ドル(▼3.05ドル/▼1.62%)
 とニュースが株価を押し上げることには
 ならなかったようです。

2つの気になる数字は

   米国10年国債の利回りは
    2.89%(前日 2.92%)
    ※この値が高いほど
   債券が売られ、
   金利が上昇している
    ことをあらわします。

     VIX指数(恐怖指数)は
     13.35(前日12.31)
    ※こちらは、数字が大きいと
    先行きに対する不安が高いことを
    あらわします。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る