米国株式市場(15日)は下落。米中貿易摩擦問題、再燃を心配する

米中貿易戦争懸念、再燃

15日の米国株式市場は、
  ニューヨーク・ダウ
25,090.48ドル
(▼84.83ドル/▼0.34%)

       S&P500は
          2,779.66の
    (▼2.83/▼0.10%)

         ナスダックが、
          7,746.37
        (▼14.66/▼0.19%)

と3主要指数はそろって下落。再燃した、米中貿易
摩擦問題がエスカレートしそうな流れに過剰に?
反応し、ダウでは一時、前日に比べ280ドル

を超える値下がりをみせましたが、引けにかけて
は多少落ち着きを取り戻し、今週の取引を終えて
います。

今週、ダウは
0.9%下落でしたが、

S&P500は、+0.01%とほぼ変わらず
、ナスダックは+1.3%と上昇。
ナスダックは4週連続の値上がりでした。

重要スケジュール週ををなんとか無事に
終えた言えますが、15日の動きは、
少し嫌な感じを受けます。

トランプ大統領が、この日、中国からの総額
500億ドルにのぼる知的財産権とハイテク製品
に25%の輸入関税をかけることを明らかにした
ことに対し、中国も同規模の対抗措置をとるこを
発表していました。

米中貿易戦争が激化するものと、投資家は神経
質にならざるをえない状況ですが、

「いつものトランプ流のかけひき、交渉術だ」と
指摘する市場関係者がいました。

直近3ヶ月のニューヨーク・ダウの動き↓

引用元 ニューヨーク・ダウ【^DJI】:株式/株価-Yahoo!ファイナンス

この日個別企業では、
貿易摩擦や関税が懸念となる、

ボーイング(BA)
358.00ドル(▼4.54ドル/▼1.25%)

キャタピラー(CAT)
149.65ドル(▼3.12ドル/▼2.04%)
などが売り込まれ、

アップル(AAPL)も
188.80ドル(▼1.96ドル/▼1.03%)
と値下がり。また

原油価格の下落から

エクソンモービル(XOM)
80.66ドル(▼1.23ドル/▼1.50%)

シェブロン(CVX)
124.19ドル(▼2.47ドル/▼1.95%)

が下落となっていました。

  2つの気になる数字は

  米国10年国債の利回りは
   2.93 %(前日 2.94%)
   ※この値が高いほど
  債券が売られ、
  金利が上昇している
   ことをあらわします。

    米国VIX指数(恐怖指数)は
    11.98(前日12.12)
   ※こちらは、数字が大きいと
   先行きに対する不安が高いことを
   あらわします。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る