米国株式市場(14日)は、ECB低金利維持とサプライズな経済指標でしっかり。

ECBの低金利維持とサプライズな経済指標

14日の米国株式市場は、
  ニューヨーク・ダウ
25,175.31ドル
(▼25.89ドル/▼0.10%)

       S&P500は
          2,782.49の
    (+6.86/+0.24%)

         ナスダックが、
          7,761.04
        (+65.34/+0.85%)

    ダウは、小幅安となったものの、
  SP500とナスダックは上昇。

   注目の、ECB(欧州中央銀行)の理事会では、
  来年半ばまで、利上げが見送られる方針が
  示され、また米5月の小売売上高は、前月比
  0.8%増と、市場予想(0.4%増)を大きく

   上回る、2017年11月以来の伸びを記録した
   ことが、支援材料となりました。

   ECBが、こちらも予想以上の長い期間にわたり
   低金利を維持することを好感し、

   米国債の利回りが低下し、金利動向に反応する
    銀行など金融セクターが、値下がり。

    JPモルガン・チェース(JPM)が
   108.14ドル(▼1.94ドル/▼1.76%)
   と下げ、ダウを押し下げた要因に
   なったようです。

  2つの気になる数字は

  米国10年国債の利回りは
   2.94 %(前日 2.98%)
   ※この値が高いほど
  債券が売られ、
  金利が上昇している
   ことをあらわします。

    米国VIX指数(恐怖指数)は
    12.12(前日12.94)
   ※こちらは、数字が大きいと
   先行きに対する不安が高いことを
   あらわします。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る