米国株式市場(1日)は、好調な雇用統計と地政学上リスク回避で反発。

5月の雇用統計は好調

1日の米国株式市場は、
  ニューヨーク・ダウ
24,635.21ドル
(+219.37ドル/+0.90%)

       S&P500は
          2,734.62の
    (+29.35/+1.08%)

         ナスダックが、
          7,554.33
        (+112.21/+1.51%)

注目の5月米雇用統計は、
非農業部門就業者数が、
前月比+22.3万人増(予想19万人)

失業率は、3.8%(予想 3.9%)
と改善し、18年ぶりの低水準。

時間当たりの賃金も前月から0.3%
増加。その他の、建設および製造業
関連指標も良い内容でした。

好調な数字をマーケットは好感して
反発。特に、ハイテク株が全体を
リードしていました。

直近3ヶ月のニューヨーク・ダウの動き↓

引用元 ニューヨーク・ダウ【DJI】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

 

地政学的リスクは、一応回避

加えて、懸念されていた、イタリアでは
新政権が発足し、ユーロ圏離脱を問う
再選挙が回避されたことや、

米朝首脳会談が予定どおり開催すると
トランプ大統領が表明したことで、

地政学的リスクが回避されたことも
マーケットを後押ししていたようです。

個別企業では、

アップル(AAPL)
190.24ドル(+3.37ドル/+1.80%)

マイクロソフト(MSFT)
100.79ドル(+1.95ドル/+1.97%)

アルファベット(GOOGL)
1,135ドル(+35ドル/+3.18%)

と大型ハイテク株が堅調でした。

 

2つの気になる数字は

米国10年国債の利回りは
  2.89%(前日 2.83%)
 ※この値が高いほど
 債券が売られ、
  金利が上昇している
   ことをあらわします。

  米国VIX指数(恐怖指数)は
  13.46(前日 15.43)
 ※こちらは、数字が大きいと
  先行きに対する不安が高いことを
  あらわします。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る