米国市場(27日)、ツイッター急落もアマゾンは、過去最高値更新。

27日の米国市場

7/27(終値)前日比/前日
NYダウ25,451.06ドル▼76.01ドル(▼0.30%)
S&P5002,818.82▼18.62(▼0.65%)
ナスダック7,737.41▼114.76(▼1.46%)
原油(WTI)68.69▼0.92
米10年国債(金利)2.96%2.98%
VIX(米国恐怖指数)13.0312.14
AAPL(アップル)190.98ドル▼3.23ドル(▼1.66%)
AMZN(アマゾン)1,817.27ドル+9.27ドル(+0.51%)

GDPは高水準でも、もの足りない?

27日の米国市場、ダウは、反落。
S&P500とナスダック指数は、続落。

米商務省が発表した第2(4-6月期)・四半期GDPは、
年率換算で前期比4.1%増と市場予想と一致。
米経済率が約4年ぶりの高水準にあることが確認された
ものの、

貿易摩擦によるマイナス要因を払拭
(ふっしょく)するまでの内容には至らなかった
ようです。

アマゾンの一人勝ち

ツイッター(TWTR)は、第2・四半期決算で
月間アクティブユーザーが予想を下回り、
現在すすめている、不審なアカウントの削除
によって今後もユーザー数が減少し続ける
可能性をしめしたことで、

34.12ドル(▼8.82ドル/▼20.54%)
と急落。

また、
半導体のインテル(INTC)は、第2・四半期
利益・売上高とともに市場予想を上回ったものの
利益率の高いとされるデーター事業が伸び悩み、
ライバルのアドバンスト・マイクロ・デバイセズ
(AMD)にシェアを奪われているのではという
憶測がひひろがり、

47.68ドル(▼4.48ドル/▼8.59%)
とこちらも大きく値を下げていました。

その他のハイテク大手では、マイクロソフト(MSFT)が
▼1.8%安、
アルファベットのグーグル(GOOGL)が
▼2.5%安
また、31日に決算発表する
アップル(AAPL)も1.7%安
と、下げが目立ちました。
一方、

アマゾンの
四半期決算では、ネット販売の堅調な伸びと
クラウドサービスへの需要拡大を追い風に
39%の増収で、利益は過去最高を記録。
株価も、取引時間中には、4%上昇し、
最高値の更新となりました。
※高値は、1,880.05ドルまで

26日の米国市場↓

米国市場(26日)、堅調アマゾン、フェイスブック急落!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国での販売不振を織り込む、株価!? 大中華圏=グレーターチャイナ(一般的に中国本土、香港…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る