米国株式市場(11日)は反落、米中貿易摩擦悪化への懸念で。

11日の米国市場

7/11(終値)前日比/前日
NYダウ24,700.45ドル▼219.21ドル(▼0.88%)
S&P5002,774.02▼19.82(▼0.71%)
ナスダック7,716.61▼42.59(▼0.55%)
原油(WTI)70.38▼3.73
米10年国債(金利)2.85%2.87%
VIX(米国恐怖指数)13.6312.64
AAPL(アップル)187.88ドル▼2.47ドル(▼1.30%)
AMZN(アマゾン)1,755.00ドル+11.93ドル(+0.68%)

中国、半導体、エネルギー関連が下げる

11日の米国市場は、ニューヨーク・ダウは
5営業日ぶりに反落。米中貿易摩擦問題の
再燃から警戒感が高まり、

摩擦による影響を受けやすい、ボーイング
(BA ▼1.89%安)やキャタピラー
(CAT ▼3.18%安)が売られ、

収益面で中国に大きく依存する、半導体関連も
安くなっていました。インテル(INTC ▼1.84%)
など。

原油安、ドル高

加えて、リビアの原油輸出再開の動きから
過度の原油供給への不安が後退するという
思惑から原油価格が値下がりし、
シェブロン(▼3.19%安)などのエネルギ
ー株もダウを押し下げました。

一方、為替市場ではドル高(円安)が進み、
1月以来の1ドル=112円台をつけました。
貿易摩擦悪化にかかわらず、ドルに対して
強気の見方が出ているようでした。

関連記事はこちら↓

JPX400(11日)、東京市場は反落。米中貿易摩擦激化を嫌気。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る