再スタート、準備中。 ボタン

米国株式市場(11日)は反落、米中貿易摩擦悪化への懸念で。

[table id=28 /]

目次

中国、半導体、エネルギー関連が下げる

11日の米国市場は、ニューヨーク・ダウは
5営業日ぶりに反落。米中貿易摩擦問題の
再燃から警戒感が高まり、

摩擦による影響を受けやすい、ボーイング
(BA ▼1.89%安)やキャタピラー
(CAT ▼3.18%安)が売られ、

収益面で中国に大きく依存する、半導体関連も
安くなっていました。インテル(INTC ▼1.84%)
など。

原油安、ドル高

加えて、リビアの原油輸出再開の動きから
過度の原油供給への不安が後退するという
思惑から原油価格が値下がりし、
シェブロン(▼3.19%安)などのエネルギ
ー株もダウを押し下げました。

一方、為替市場ではドル高(円安)が進み、
1月以来の1ドル=112円台をつけました。
貿易摩擦悪化にかかわらず、ドルに対して
強気の見方が出ているようでした。

関連記事はこちら↓

JPX400(11日)、東京市場は反落。米中貿易摩擦激化を嫌気。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる