米国株式市場(27日)は下落。上昇したのは金利、VIX指数(恐怖指数)。

初の議会証言 にのぞんだ、パウエル新議長

27日の米国株式市場は、

ニューヨークダウは、
前日比▼299.24ドル安の

25,410.03ドル(▼1.16%)。

他の主要指数は、

S&P500
2,744.28
(▼35.32/▼1.27%)

ナスダック
7,330.35
(▼91.11/▼1.23%)

注目のFRBパウエル新議長の
初めてとなる、議会証言は、

『米国経済は力強さを増している。
緩やかな利上げが最善だ。』

”利上げに前向きな『タカ派』的な内容”?

“利上げのペースも加速する”??

と受け取られていたようです。

米国株式市場は、売りが先行し、
下落、金利も上昇となっていま
した。もっとも、

ニューヨークダウでは、3日間の
連騰でしたので、

利益確定の売りが出ても、
おかしくないタイミングでもあった
のですが・・・

やはり、

金利の引き上げについての、実際の
判断は、3月の

FOMC(米連邦公開市場委員会
20-21日)まで待たなければ
ならないでしょう。

2つの気になる数字

米国10年国債の利回り
2.90%(前日 2.86%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
18.59(前日 15.80)
※こちらは、数字が大きいと
先行きの不安度合いが
高いことになります。

海外投資家の売りを国内勢で吸収?

金利上昇をきっかけとする、
米国株式市場の大幅下落で

東京マーケットも大きく値下がり
した2月の1週の

東証一部の売買代金をみてみると、

2/5 (月)  3.56兆円
2/5 (火)  5.64兆円
2/7 (水)    4.52兆円
2/8 (木)  3.55兆円
2/9 (金)  4.00兆円

多少落ち着きを取り戻したと
みられる、2月の3週や昨日
の2兆円台の売買代金に

比べても多くなっていました。

次に、この期間の
投資部門別の株式売買状況
では、

個人が、
現金で、5,644億円
信用で、1,814億円

合計で、7,458億円

公的年金の信託銀行が
917億円

事業法人(自社株買い等)
で、1,865億円

とそれぞれ現物株を
買い越ししています。

さらに、日銀は
同期間(2/5〜2/9)に
ETF を通じ、日本株を

2,253億円

購入しています。

国内勢で、

海外投資家の
▼6,446億円の売り越しを
吸収した格好です。

日経平均株価(いずれも終値)は、
22,682円(2/5)〜

21,382円(2/9)での

動きでした。

2018年に入り、
価格帯別累積売買代金
(東証一部)では、

21,000円〜22,000円が
約30兆円と多いのは、

22,000円以下では、
公的年金や個人の

中長期的な投資資金が
丹念に拾っている姿が
うかびます。

逆に、22,000円〜

23,000円までの価格帯は、
売買代金も、それほど
ないため、

真空地帯?とも考えられ、

先物主導で動きやすい範囲ですので、
売買代金を注意深くみておく
必要があると思います。
関連記事↓(追記分)
海外投資家の売り継続、2月3週

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る