米国市場(15日)は、大幅高。金利上昇よりも恐怖指数低下を好感。

インフレ懸念よりも、押し目買い

14日の米国株式市場、ニューヨーク
ダウは、注目された、

1月のCPI(消費者物価指数)が、
予想を上回る(前年同月比
予想1.9% 結果2.1%)、

強いインフレ指標の結果となった
ことを受けて、売りが先行した
ものの、押し目買いが入り

4営業日続伸の

前日比+253.04ドル高

24,4893.49ドル(+1.03%)

でした。

他の主要指数も

S&P500
(+35.69 /+1.34%)
2,698.63ドル

ナスダック
7,143.62
(+130.10/1.86%)

気になる2つの数字、

米国10年国債の利回りは
2.91%(前日2.83%
※この値が高いほど
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)は
19.26(前日24.97)
※こちらは、数字が大きいと
先行きの不安度合いが
高いことになります。

米国株高とVIX指数の低下

こういった、流れの中での
15日午前中の東京株式市場、

日経平均株価は、

+280.46円高(+1.33%)

21,434.46円
でした。

「米国の金利上昇よりも、欧米株高
やVIX指数の低下を好感した」と

市場関係者。

米国を中心に、落ち着きを取り戻し
つつあるようですが、

1ドル=106円台の円高など
不安材料もあり、今しばらくは

(日米とも)神経質な展開が続くと
個人的には、見ています。

日経平均(14日)は、下落。107円台の円高に嫌気!?

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る