再スタート、準備中。 ボタン

ダウ・デュポン(DWDP)は、化学の名門企業2つが経営統合で誕生。

[table id=34 /]

目次

新会社名はダウ・デュポン(DWDP)

化学業界のビッグネーム、ダウ・ケミカルとデュポンが経営統合を2017年9月1日におこない、同日ニューヨーク証券取引所に上場しました。*新会社名は、ダウ・デュポンとなり、農業関連、素材科学、および特殊化学品の3部門を有するホールディングカンパニーとして、世界最大の化学企業が誕生することになりました。ティッカーシンボルは、DWDP。

1897年に漂白剤の製造メーカーとして誕生した、ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー(The Dow Chemical Company)は、ユニオン・カーバイド、ローム・アンド・ハースなど化学メーカを相次いて買収し、世界最大クラスの化学企業に成長。

一方、デュポンは、(イー・アイ・デュポン・ドゥ・ヌムール)フッ素樹脂を世界で最初に発見した、化学とエネルギー技術を基盤とする企業。合成樹脂、合成繊維などを生産。高い技術力で世界ブランドとなり、多くのヒット製品を生みだし、「テフロン」等の商標を保有しています。NASAによる、アポロ計画にも貢献。売却、買収そして、高機能化学部門のスピンオフ等で、事業再編をはかり業績を伸ばしてきた、名門企業です。

デュポンの過去記事

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる