再スタート、準備中。 ボタン

米国市場(8日)、ナスダックは7営業日続伸も中国の報復措置重しに

[table id=76 /]

目次

中国の報復措置が重しに

8日の米国株式市場、
ダウと、S&P500は、小幅安。
ナスダックはかろうじて、7営業日続伸
をキープ。

原油価格の値下がりで、エネルギー関連に売り
が出ていたことと、依然、貿易摩擦激化への
懸念が重しとなっていました。

老舗企業とハイテク企業

中国が8日、160億ドル相当の
米国製品に25%の追加関税を課すとしたことで

ボーイング(BA)
347.78ドル
(▼2.98ドル/▼0.85%)や

キャタピラー(CAT)
139.71ドル(▼2.67ドル/▼1.88%)
などの中国関連とされる
銘柄が値をさげ、ダウの上昇を抑えました。

一方、ナスダックの上昇は
ハイテク大手の
マイクロソフト(MSFT)
109.49ドル
(+0.61ドル/+0.56%)や

フェイスブック(FB)
185.18ドル
(+1.37ドル/+0.75%)

が、引っ張りました。

関連記事はこちら↓
米国市場(7日)は上昇。好調な企業決算で投資家心理も改善?

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる