米国市場(8日)、ナスダックは7営業日続伸も中国の報復措置重しに

8日の米国市場

8/8(終値)前日比/前日
NYダウ25,583.75ドル▼45.16ドル(▼0.18%)
S&P5002,857.70▼0.75(▼0.03%)
ナスダック7,888.32+4.66(+0.06%)
原油(WTI)66.94▼2.23
米10年国債(金利)2.96%2.98%
VIX(米国恐怖指数)10.8510.93
AAPL(アップル)207.25ドル+0.14ドル(+0.07%)
AMZN(アマゾン)1,886.52ドル+24.04ドル(+1.29%)

中国の報復措置が重しに

8日の米国株式市場、
ダウと、S&P500は、小幅安。
ナスダックはかろうじて、7営業日続伸
をキープ。

原油価格の値下がりで、エネルギー関連に売り
が出ていたことと、依然、貿易摩擦激化への
懸念が重しとなっていました。

老舗企業とハイテク企業

中国が8日、160億ドル相当の
米国製品に25%の追加関税を課すとしたことで

ボーイング(BA)
347.78ドル
(▼2.98ドル/▼0.85%)や

キャタピラー(CAT)
139.71ドル(▼2.67ドル/▼1.88%)
などの中国関連とされる
銘柄が値をさげ、ダウの上昇を抑えました。

一方、ナスダックの上昇は
ハイテク大手の
マイクロソフト(MSFT)
109.49ドル
(+0.61ドル/+0.56%)や

フェイスブック(FB)
185.18ドル
(+1.37ドル/+0.75%)

が、引っ張りました。

関連記事はこちら↓
米国市場(7日)は上昇。好調な企業決算で投資家心理も改善?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る