米国市場(30日)は反落も、アマゾン、アップルが過去最高値更新!

30日の米国市場

8/30(終値)前日比/29日
NYダウ25,986.92ドル▼137.65ドル(▼0.53%)
S&P5002,901.13▼12.91(▼0.44%)
ナスダック8,088.36▼21.32(▼0.26%)
原油(WTI)70.25+0.74
米10年国債(金利)2.86%2.89%
VIX(米国恐怖指数)13.5312.25
AAPL(アップル)225.03ドル
※高値は、228.26ドル
+2.05ドル(+0.92%)
AMZN(アマゾン)2,002.38ドル
※高値は、2,025.57ドル
+4.28ドル(+0.21%)

トランプ大統領、強硬姿勢崩さず

30日の米国市場、主要3指数は、反落。S&P500、ナスダックの連日の過去最高値更新で、利益確定の売りが出やすい状況であったところに、再び米中貿易摩擦懸念が強まり、幅広い銘柄に売りが出ていました。

トランプ大統領が早ければ来週にも、2000億ドル相当の中国製品に対する、追加関税を発動する考えを示したことが報じられました。予想されていたこととはいえ、通商協議の先行きに対する不安は、マーケットにとっては大きなマイナス材料です。

米国では、11月に中間選挙をひかえ、トランプ大統領の強硬姿勢は、和らぐことはないようですので、政治スケジュールに左右される環境が続きます。

アップル、アマゾンの勢い止まらず

個別企業では、アップル、アマゾンともに過去最高値を更新。この2つのスーパービッグなグローバル企業の人気は、とどまることを知りません。(株価は、表に)

関連記事はこちら↓

『THE FOUR GAFA』〜四騎士が創り変えた世界

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る