米国市場(3日)、予想を下回る雇用統計も好決算で上昇。

3日の米国市場

8/3(終値)前日比/前日
NYダウ25,462.58ドル+136.42ドル(+0.54%)
S&P5002,840.35+13.13(+0.46%)
ナスダック7,812.01+9.33(+0.12%)
原油(WTI)68.49▼0.47
米10年国債(金利)2.95%2.98%
VIX(米国恐怖指数)11.6412.19
AAPL(アップル)207.99ドル+0.60ドル(+0.29%)
AMZN(アマゾン)1,823.29ドル▼11.04ドル(▼0.60%)

中国の報復措置

3日の米国株式市場、上昇して今週の
取引を終えています。

トランプ政権による、関税の引き上げに対し
中国は3日、600億ドル相当の米国製品に追加関税
を課す報復措置を発表。液化天然ガス(LNG)や
中・小型の航空機など、5207品目に対し、
5%〜25%の税率をかけるとしています。

また、注目された

7月の米雇用統計では、
景気動向を敏感に映す、非農業部門の雇用者数
が前月比15万人7,000増。(予想は19万人増)
失業率は、3.9%(予想 3.9%)となっていました。

貿易摩擦の激化や予想を下回る7月の米国雇用統計
などのネガティブなニュースが多いなかでも
堅調だったのは、好調な企業決算を素直に評価する
マーケットのおかげです。

好調な米国企業決算

トムソンロイターによると、
S&P500銘柄のうち、すでに406社が決算を終え
うち78.6%の企業が予想を上回る内容とのこと。

はたして、決算発表を終えた、来週以降のマーケットを
支える材料が、あるかどうか、注目です。

前日の米国市場について↓
米国市場(2日)、アップルは初の1兆ドル企業に

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る