米国市場(24日)ナスダック、S&Pは過去最高値更新。

24日の米国市場

8/24(終値)前日比/23日
NYダウ25,790.35ドル+133.37ドル(+0.52%)
S&P5002,874.69+17.71(+0.61%)
ナスダック7,945.97+67.51(+0.86%)
原油(WTI)68.72+0.89
米10年国債(金利)2.82%2.82%
VIX(米国恐怖指数)11.9912.41
AAPL(アップル)216.16ドル+0.67ドル(+0.31%)
AMZN(アマゾン)1,905.39ドル+2.49ドル(+0.13%)

パウエル議長講演は、織り込み済み?

24日の米国市場、主要3指数はそろって、上昇。S&P500とナスダックは、過去最高値を更新。「S&P500は、1月26日に最高値をつけその後、10%超下落。それから、この日までに、最高値を更新したことで、強気相場が依然続いていることをしめしている」と市場関係者。

注目のパウエルFRB議長の講演では、底堅い雇用の維持とインフレの抑制にむけ、着実な利上げが最善の金融政策との認識が示されましたが、9月と12月の利上げ予想をする市場の見方には、影響はありませんでした。トランプ大統領が、FRBの利上げペースを批判したことについての言及は特になく、議長が現在の政策を粛々と行っていることが、確認されたかたちとなりました。

それよりも、むしろこの日発表の7月の耐久財受注統計で、民間設備投資の先行指標とされるコア資本財の受注が、1.4%増(予想0.4%)と予想を上回る結果だったことをマーケットは好感していたようです。

ネットフリックスに久々の買い

個別企業では、動画配信サービス大手のネットフリックス(NFLX)が、一部アナリストによる投資判断引き上げで買われ、
358.82ドル(+19.65ドル/+5.79%)と大きく上昇していました。

前日、23日の米国市場について↓

米国市場(23日)は下落、貿易戦争再燃?で嫌気。議長講演、注目。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る