米国市場(23日)は下落、貿易戦争再燃?で嫌気。議長講演、注目。

23日の米国市場

8/23(終値)前日比/22日
NYダウ25,656.98ドル▼76.62ドル(▼0.30%)
S&P5002,856.98▼4.84(▼0.16%)
ナスダック7,878.45▼10.63(▼0.13%)
原油(WTI)67.83▼0.03
米10年国債(金利)2.82%2.82%
VIX(米国恐怖指数)12.4112.25
AAPL(アップル)215.49ドル+0.44ドル(+0.20%)
AMZN(アマゾン)1,902.90ドル▼2.00ドル(▼0.10%)

貿易戦争激化への懸念、ふたたび

23日の米国市場、 ダウとS&P500は続落。ハイテク株の多いナスダック指数も6営業日ぶりの反落。トランプ政権は、23日、新たに160億ドル相当の中国製品に25%の追加関税を予定通り発動。これに対し、中国も同規模の報復措置で対抗したことで、「貿易戦争」の激化が嫌気されました。

「3ヵ月ぶりに再開された、米中事務官クラスの貿易協議も進展はみられず、貿易摩擦緩和の期待は遠のき、買われていた株に失望売りが出た」との市場関係者のコメントがありました。

市場の注目は、この日からはじまった、ジャクソンホールでの経済金融シンポジウムで予定されている、パウエルFRB議長の講演(24日)で、FRBの金融政策や貿易摩擦の影響などに関し、どのような発言が出るかに移ってきてるようです。

XOMとGSが下げる

個別企業では、原油価格の上昇で買われていた、エクソンモービル(XOM)79.08ドル(▼0.88ドル/▼1.1%)や

そのほか金融関連ではゴールドマン・サックス(GS)236.34ドル(▼3ドル/▼1.25%)などの下落が目立っていました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る