米国市場(2日)、アップルは、初の時価総額1兆ドル企業に。

2日の米国市場

8/2(終値)前日比/前日
NYダウ25,326.16ドル▼7.66ドル(▼0.03%)
S&P5002,827.22+13.86(+0.49%)
ナスダック7,802.68+95.39(+1.24%)
原油(WTI)68.96+1.30
米10年国債(金利)2.98%3.00%
VIX(米国恐怖指数)12.1913.15
AAPL(アップル)207.39ドル+5.89ドル(+2.92%)
AMZN(アマゾン)1,834.33ドル+37.16ドル(+2.07%)

トランプ政権の強硬姿勢、変わらず

2日の米国株式市場、
ダウは小安く、
S&P500値上がり、ナスダックも
1%超の上昇。

米中貿易摩擦を巡っては、やはり
2,000億ドル相当の中国製品に課す関税
を引き上げるように、トランプ大統領
が、USTR(米国通商代表部)の
ライトハイザー代表に指示したことが
報道され、

これに対し、中国の王毅外相が
「米国は冷静になって国際社会の声に
 耳を傾けるべき」との考えを示しました。
 
 貿易摩擦激化への懸念から、中国との貿易が
 多い、ボーイング(BA)やキャタピラー(CAT)
  などが売られ、ダウの上昇を抑えられました。

アップル、1兆ドル企業に

 一方、FAANG
(フェイスブック、アップル、アマゾン、ネットフリックス
グーグル)の大手ハイテク企業5社は、堅調に推移し、
ナスダックの上昇をささえました。

なかでも、アップル(AAPL)は、上場企業としては
初めて1兆ドルをいっきに超える、上昇となりました。
(因みに、アマゾンが、8,600億ドル、
アルファベットの
グーグル”GOOGL”が
8,500億ドル、

マイクロソフト”MSFT”が
8,150億ドルと続きます。概算2018年7月末)

昨日の米国市場↓
1日の米国株式市場、トランプに迷う。アップルは最高値更新

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る