米国市場(10日)は続落。次の狙いはトルコ、のトランプ大統領!?

10日の米国市場

8/10(終値)前日比/前日
NYダウ25,313.14ドル▼196.09ドル(▼0.77%)
S&P5002,833.28▼20.30(▼0.71%)
ナスダック7,839.11▼52.67(▼0.67%)
原油(WTI)67.78+0.97
米10年国債(金利)2.87%2.93%
VIX(米国恐怖指数)13.1511.27
AAPL(アップル)207.53ドル▼0.62ドル(▼0.30%)
AMZN(アマゾン)1,886.30ドル▼12.22ドル(▼0.64%)

トランプ大統領、つぶやく

10日の米国市場、トルコ経済への懸念から
投資家のリスク回避姿勢が強まり、3日続落。

トランプ大統領は、ツイッターに
「トルコに対する、鉄鋼・アルミニウムの
 輸入制限措置について追加課税を2倍にする方針」
 を表明しました。

米国人牧師拘束で、トルコと米国の関係が悪化
するなかトルコリラの急落に拍車がかかり、
インフレが進みトルコ経済が一層混乱する
のでは、という憶測を呼び、

トルコ向け債権を抱える欧州の銀行株が売られる
展開で、リスク回避の姿勢が投資家に広がりました。

トルコ経済と欧州銀行、米国市場にも影響が?

「トルコ経済の混乱が米国経済に与える影響
は軽微だが、欧州の銀行が保有するトルコの
債権が悪化し、欧州株の売りが進み、米国株式
市場も連動で下落する可能性がある」

と指摘する市場関係者がいました。

 

10日の東京市場↓

JPX400(10日)東京市場は大幅下落。貿易協議への警戒感で。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る