再スタート、準備中。 ボタン

米国市場(10日)は続落。次の狙いはトルコ、のトランプ大統領!?

[table id=81 /]

目次

トランプ大統領、つぶやく

10日の米国市場、トルコ経済への懸念から
投資家のリスク回避姿勢が強まり、3日続落。

トランプ大統領は、ツイッターに
「トルコに対する、鉄鋼・アルミニウムの
 輸入制限措置について追加課税を2倍にする方針」
 を表明しました。

米国人牧師拘束で、トルコと米国の関係が悪化
するなかトルコリラの急落に拍車がかかり、
インフレが進みトルコ経済が一層混乱する
のでは、という憶測を呼び、

トルコ向け債権を抱える欧州の銀行株が売られる
展開で、リスク回避の姿勢が投資家に広がりました。

トルコ経済と欧州銀行、米国市場にも影響が?

「トルコ経済の混乱が米国経済に与える影響
は軽微だが、欧州の銀行が保有するトルコの
債権が悪化し、欧州株の売りが進み、米国株式
市場も連動で下落する可能性がある」

と指摘する市場関係者がいました。

 

10日の東京市場↓

JPX400(10日)東京市場は大幅下落。貿易協議への警戒感で。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる