米国株式市場(9日)は、反発。「トランプ大統領周辺」で揺れる!?

大統領の明と暗

週明け9日の
米国株式市場
ニューヨーク・ダウは

先週末に比べ、+46.34ドル高の

23,979.10ドル(+0.19%)

他の主要指数、

S&P500は
2,613.16
(+8.69/+0.33%)

ナスダックが、
6,950.34
(+35.23/+0.51%)

大きく下落した6日の反動から、買い
が先行。クドローNEC(国家経済会議)
委員長が、

「トランプ大統領は中国との貿易交渉
で他国との連携に前向き」と発言した
ニュースが伝わり、

ニューヨーク・ダウは、一時400ドル
を超える上昇場面も。

しかし、

FBI(米連邦捜査局)がトランプ大統領
の顧問弁護士に家宅捜索に入ったことが
わかり

上げ幅を縮小して、この日の取引を終えて
います。

良いニュースも悪いニュースも、
トランプ大統領発のいち日でした。

2つの気になる数字

米国10年国債の利回り
2.78%(前日 2.77%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
21.77(前日 21.49)
※こちらは、数字が大きいと
先行きに対する不安が高いことを
あらわします。

9日週明け、東京株式市場、日経平均株価は反発。
嫌なムードを吸収!?

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る