米国株式市場(4日)は、続伸。中国の対抗措置で一時大きく値下がりするも、切り返す!

切り返し、続伸

4日の米国株式市場、
ニューヨーク・ダウは前日
に比べ、+230.94ドル高の

24,264.30ドル(+0.96%)

と続伸。

他の主要指数も

S&P500は
2,644.69
(+30.24/+1.15%)

ナスダックが、
7,042.10
(+100.82/+1.45%)

中国が
米国貿易制裁措置に対し、
輸入106品目について

25%の関税を課す方針を
打ち出し、

米中貿易摩擦の激化への懸念から
引き続き、リスク回避の動きから
売りが意識され

NYダウは一時500ドルを超える
値下がりする場面もありました。

しかし

貿易摩擦解消に向けた交渉への期待
感が徐々に出て、

売られすぎの反動とリバウンド狙い
の買いも入っていたようです。

2つの気になる数字

米国10年国債の利回り
2.79%(前日 2.79%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
20.06(前日 21.10)
※こちらは、数字が大きいと
先行きに対する不安が高いことを
あらわします。

米国フェイスブック顧客情報流失

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る